NIMUS

藤枝・掛川でこだわりのインテリアをプロデュース
Furniture & Interior

054-645-1700 10:00~19:30

054-645-1700 10:00~19:30

HOME > 更新情報 > こたつ雑学~最後まで読めば明日ドヤ顔になれる~

更新情報

2017.11.17 [家具]
こたつ雑学~最後まで読めば明日ドヤ顔になれる~
 最近寒くなってきましたね。

11月ですもんね。当然ですね。


「そろそろこたつ出そうかな」

「こたつ使ったことないけど興味あるなぁ」

なんて人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに今日は知っておけばちょっとドヤ顔ができるかもしれないコタツ雑学をご紹介しましょう。


日本に馴染み深いと言われるこたつですが、そもそもいつ生まれたモノなんでしょう?

明治ですかね。それとも昭和でしょうか?

いいえ。

実はこたつは室町時代からあるんです。

約500年前。まだ刀の時代ですよ。

あの足利尊氏もこたつに入って、

「いと温し、眠くなりけり」

とか言っていたかもしれませんね。

ただ、今と違い熱源は炭火だったので眠ってしまうのは危険でした。

今の電気コタツが発明されたのは戦後です。

しかし、500年前からあるってスゴいことですよ。

ベストセラーなんて言葉じゃ足りませんよ。

500年前にも自分と同じようにコタツに入っている人がいたと思うと不思議な感覚ですが、人間の感覚って時代が違っても変わらないんでしょうね。

こたつに入ったときのえも言われぬ多幸感はきっと500年前から遺伝子に組み込まれているのでしょう。


はい。


というわけでこたつ雑学でした。

これで明日からちょっとドヤ顔ができます。

次回はちゃんとお仕事の話をします。

当店オススメののこたつを厳選してご紹介しますので、特に、

「こたつをいま使っていない」 「買い換えを考えている」という方。

要チェックです。




4階担当あずま(東)でした!



NIMUSをよろしくお願いします。

※余談
こたつに似た文化は海外でも多数確認されており、古くは西暦210年頃ローマ帝国から今のスペインに持ち込まれたとされています。その文化はきちんと現在も受け継がれているのです。スゴイネ。









ページ
TOP